macos Catalinaの画像

macOS Catalina 、2019年10月リリース

2019年10月8日にリリースされたmacOS Catalina 10.15。

→12月11日にmacOS Catalina 10.15.2アップデートが配信されました。

このバージョンからは「32Bitアプリのサポートが完全終了する」という重要な変更点があります。

事前に確認をしてアップグレードするようにしましょう。

→12月11日追加:多くのメーカーが対応完了しています。

※macOS Catalinaの公式URL

macOS Catalina

macOS Catalinaは、Macの魅力のすべてを一段と進化させます。
ミュージック、TV、Podcastを、3つのまったく新しいMacアプリで楽しめます。
お気に入りのiPadアプリをMacでも使えます。iPadとApple Pencilを使って、
あなたの作業空間と創造力を広げられます。毎日使うアプリには賢い新機能を用意しました。
あなたがするあらゆることで、想像をはるかに超える体験が待っています。

この記事では、現在インストールされているアプリが32bitか64bitか判別する方法をご紹介します。

【目次】

1. 32Bitアプリの確認方法(システムレポートを使う方法)

2. 32Bitアプリの確認方法(アプリGo64を使う方法)

プリンタ、スキャナ、WACOM・セキュリティソフトの各社対応

・プリンタースキャナ
・WACOM
・セキュリティソフト

まとめ

1. 32bitアプリの確認方法(システムレポートを使う方法)

1.リンゴマークをクリック→「このMacについて」をクリックします。

32bitアプリ確認方法解説画像

2.「システムレポート」をクリックします。

※シリアル番号左下の部分

3. システムレポート→「アプリケーション」と進みます

macOS32bitアプリ確認解説画像

4. 64Bit(Intel)の項目をチェックします

「はい」→64Bit

「いいえ」→32Bit

上記がシステムレポートを使ったOS内アプリの32Bit判別方法です。

2. 32bitアプリの確認方法(アプリGo64を使う方法)

macOS Catalina

macOS内のアプリケーションが64Bit対応しているか簡単に判別できるアプリ「Go64」を使用した方法です。

下記リンクからダウンロードできます。

[blogcard url=”https://www.stclairsoft.com/Go64/”]

ホームページにアクセスし、「Download」をクリック。

macOS Catalina32bitアプリ判別方法解説画像

インストールして起動すると、自動で32Bitアプリのスキャンが始まります。

macOS32bitアプリ判別方法解説画像
macOS32bitアプリ判別方法解説画像

ズラズラっと32Bitのアプリケーションが表示されました。

私の環境では20個ですが、おそらく少ないほうだと思います。

影響が大きそうなのはAmazon Music、Wacom Desktop Center、EPSON Scanといったところ。

アプリをインストールする必要があるので少し手間ですが、システムレポートを確認するより「Go64」を使ったほうが断然わかりやすい印象です。

3. プリンター・スキャナー・WACOM・セキュリティソフトの各社対応

プリンターやスキャナー、WACOM製品などは対応が遅れる場合があるので、各メーカーの正式発表がされてからアップグレードすることをおすすめします。

【現時点での状況】(2019年10月31日)

プリンター・スキャナー

・EPSON

対応済み

[blogcard url=”https://www.epson.jp/support/misc_t/catalina.htm”]

・Canon

対応済み

[blogcard url=”https://faq.canon.jp/app/answers/detail/a_id/100907″]

私のプリンターは、今後のアップデートでCatalinaに対応するようです。

EP-704Aというかなり古いモデルですが、まだ続くのはすごい。

※Mac mini 2011なのでそもそもCatalina非対応ですが・・・(笑)

・WACOM

対応済み(ドライババージョン6.3.7から)

[blogcard url=”https://www.wacom.com/ja-jp/support?guideTitle=macOS-10.15-Catalina%E3%81%AE%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%81%AF%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B%E3%80%82&guideId=015-921″]

セキュリティソフト

ウイルスバスター
対応済み(最新版への更新必要)

[blogcard url=”https://esupport.trendmicro.com/support/vb/solution/ja-jp/1105344.aspx”]

カスペルスキー(カスペルスキーインターネットセキュリティ for Mac)
対応済み(Ver20への更新必要)

[blogcard url=”https://support.kaspersky.co.jp/15185″]

Norton
対応済み

[blogcard url=”https://support.norton.com/sp/ja/jp/home/current/solutions/v119174366″]

macOS Catalina と互換性のあるノートン製品は次のとおりです。
ノートン セキュリティ 8.5.0 以降
ノートン アンチウイルス 8.5.0 以降
ノートン インターネットセキュリティ 8.5.0 以降

使用している Mac 版ノートン製品は macOS Catalina と互換性がありますか
ESET
対応済み(er6.8.1.0以降)

[blogcard url=”https://eset-support.canon-its.jp/faq/show/14934?category_id=58&site_domain=private”]

macOS Catalina 10.15 への対応については、以下の通りです。

対応ESET製品
対応プログラム
対応バージョン
対応日
ESET インターネット セキュリティ(まるごと安心パックを含む) 
ESET スマート セキュリティ プレミアム
ESET サイバー セキュリティ プロ
ESET オフィス セキュリティ
 
※ 旧製品(ESET ファミリー セキュリティ、ESET パーソナル セキュリティ)を含む
ESET Cyber Security Pro
V6.8.1.0
2019年10月8日(火)
ESET NOD32アンチウイルス
ESET Cyber Security
V6.8.1.0
2019年10月8日(火)

macOS Catalina 10.15 への対応について

4. まとめ

→12/28追記

多くのメーカーが対応完了し、比較的安心してCatalinaに移行できる状況になりました。

最近はWindowsもmacOSも、頻繁に大型更新があるのでユーザーもメーカーも結構振り回されています。

ただ、アップグレードのタイミングはユーザー側で選択できるので、周辺機器がしっかりとサポートされているか確認をしてアップグレードしましょう。

そしてMacの場合、アップグレード前は必ずTime Machineでバックアップを取るようにしましょう。