緊急でアップデートが必要な時に

Office(Word, Excel,Outlookなど)はインストール後、設定で更新の方法を変更することが可能です。

この記事では、手動でOfficeを更新する方法をご紹介します。

手動の更新方法を覚えておくと、緊急の脆弱性発覚時などに落ち着いて対応ができます。

Officeの手動更新方法

以下、Office 2019・Office365の手動更新手順です。

※この記事ではExcelを使用して解説していきます。

  1.  Officeアプリを開き、「ホーム」画面の「アカウント」をクリック

2.「Office更新プログラム」をクリック

Officeの手動更新設定画面

3.プルダウンメニュー内「今すぐ更新する」をクリック

Officeの手動更新設定画面

上記の手順で更新プログラムの有無のチェックが始まり、すでに最新バージョンがインストールされている場合は、下の画像のように「最新の状態です。」と表示されます。

更新可能なプログラムがある場合は自動で更新が行われます。

緊急の更新プログラム配信時は、上記手順で更新をインストールすると安心です。

セキュリティ更新には素早く対処を

Windowsに限らず、Officeやアプリケーションには脆弱性が存在します。

脆弱性から身を守るには、配信された更新プログラムを早く適用することが肝要です。

重大な脆弱性発覚時、落ち着いて対応できるよう、Officeの手動更新方法を覚えておくことをお勧めします。