パソコンの動きがとにかく遅い!

Windows起動しないパソコンの画像
この記事は、Windows10を対象とした記事です。

パソコンの動作について、お客様からのお問合せで

avatar
お客様
起動に数分かかって、よく固まる

とにかく動作の遅さを感じている方が多くいらっしゃいます。

Windows10は遅くなりやすい

Windows10は便利な機能が増えた反面、古いパソコンやハードディスクを搭載したパソコンでは処理が追い付かず動作が遅くなることがあります。

設定を見直すだけで、多少改善されます

この記事では、Windows10を搭載したパソコンの動作が快適になる設定をご紹介します!

【目次】

・まとめ

パソコンの動きが遅いときに試してみることリスト

ハードディスクが故障してしないかチェック

ハードディスクの画像

まずはハードディスクの状態をチェックしてみましょう。

故障している場合は、これからご紹介する設定を試しても改善されない可能性が高いです。

「Crystal Disk Info」というフリーソフトを使って、ハードディスクが故障していないかチェックしてみましょう。

Crystal Disk Infoはとても人気のあるソフトで、多くの方に使われています。

以下のリンクから無料でダウンロード可能です。

ダウンロード

開発支援 デジタル署名の更新や検証用機器の購入などに活用させていただきます。開発支援をよろしくお願いいたします…

以下、Crystal Disk Infoの使い方をご紹介します。

1 URLからexeインストーラーファイルをダウンロード

crystal disk infoのインストール画像

Crystal Disk Infoインストーラーを起動する

2 使用許諾契約書を確認し、「同意する」にチェックを入れて「次へ」をクリック

crystal disk infoのインストール画像

3 インストール先の指定を確認

※基本的には、そのまま「次へ」をクリックでOKです。

crystal disk infoのインストール画像

4 インストールを進める

プログラムグループの作成はそのまま「次へ」でOKです

crystal disk infoのインストール画像

デスクトップ上にアイコンを作成するかは、お好みで設定しましょう

crystal disk infoのインストール画像

「インストール」をクリックして、インストール処理を完了させます。

crystal disk infoのインストール画像

5 インストールが完了したら、「完了」をクリックします

crystal disk infoのインストール画像

以上が、Crystal Disk Infoのインストール手順です。

それでは、Crystal Disk infoを起動してみましょう。

見方はとっても簡単です。

crystal disk infoの画像

上の画像の赤丸で囲っている部分、「健康状態」の部分をチェックしましょう。

「正常」と表示された場合

 ハードディスク故障の可能性は低く、特に心配は要りません。

「注意」と表示された場合

ハードディスクが劣化、故障しています。
重要なデータを速やかにバックアップし、パソコン修理屋へ修理を依頼するか、メーカー修理に出すことをおすすめします。

「異常」と表示された場合

ハードディスクが重度の劣化、故障をしています。  
すみやかにパソコン修理屋へ修理を依頼するか、メーカー修理に出しましょう。

avatar
海野
「注意」「異常」と表示される場合は故障が原因で動作が遅くなっているので、修理が必要です。

「正常」と表示されるにもかかわらず動作が遅い場合は、以下の設定を見直してみましょう。

バックグラウンドアプリをオフにする

アプリが裏で動作するのを無効化します。

アプリのバックグラウンド実行をオフにする設定手順

1.Windowsキーを押してスタートメニューを表示し、歯車のマーク(設定)をクリックします

スタートメニューの画像

2. 設定「プライバシー」をクリックします

設定アプリの画像

3. サイドバーを下にスクロールし、「バックグラウンドアプリ」をクリックします

「アプリのバックグラウンド実行を許可する」のチェックをオフにします。

設定画面

これで全アプリのバックグラウンド動作がオフになり、パソコンの負荷が多少軽減されます。

ストアアプリの自動更新をオフにする

ストアアプリの画像

Windows10には「ストア」アプリが入っており、様々な仕事効率化のアプリやゲームを入手可能です。

Windows10標準搭載のアプリはほとんどがストアアプリで管理され、既定の設定では自動で更新されます。
更新時はハードディスク、CPUへの負荷が急激に増加するため、古いパソコンは著しく動作が遅くなる場合があります。

自動更新を無効にすると、このような事態を防ぐことができます。

以下、ストアアプリの自動更新をオフにする設定の手順を紹介します。

ストアアプリの自動更新をオフにする設定手順

①スタートボタンをクリック

設定画面

②「ストア」と入力

Microsoft Storeが表示された状態でEnterキーをクリック

スタートメニューの画像

③ストアアプリが起動

ストアアプリの画像

④アプリ画面右上をクリックし、メニューから設定を開く

ストアアプリの設定画像

⑤設定画面で「アプリを自動的に更新」をオフにする

ストアアプリの自動更新無効設定の画像

以上の設定で、ストアアプリの自動更新がオフになります。

※バックグラウンド負荷は減りますが、アプリの更新を自動で行う必要が出てきます。

月に1度は手動で更新することをお勧めします。

透明効果と視覚効果をオフにする

Windows10では、ウィンドウの動きにアニメーションがかかったり、背景に応じて色が変化する透明感を出すエフェクトがあります。

これらの機能をオフにすると、CPUへの負荷が少し減り動作の軽量化に繋がります。

透明効果と視覚効果をオフにする設定手順

①スタートボタンをクリック

設定画面

②設定アプリを開く

スタートメニューの画像

③設定アプリ内「簡単操作」を開く

設定アプリの画像

④ディスプレイ設定項目を確認する

設定画像
Windowsのシンプル化とパーソナル設定
  • Windowsにアニメーションを表示する
  • Windowsの表示に透明性を適用する

上記2つのチェックを外してオフにします。

この2つの設定をオフにするとアニメーションと透明処理がなくなり、CPU負荷が減って動作が軽量化されます。

SysMainサービスをオフにする

SysMainとは?
昔は「Superfetch」と呼ばれ、Windows Vistaから搭載されている機能です。
システムメモリを積極的に利用し、全体的なパフォーマンス向上を図ります。

Windows SuperFetch(ウィンドウズ スーパーフェッチ)とはWindows VistaWindows 7Windows 8/8.1Windows 10に搭載されている、パフォーマンスの向上に関するディスクキャッシュ・メインメモリ管理機能である。Linux 用の preload に相当する。後日、「SysMain」に改称した

https://ja.wikipedia.org/wiki/Windows_SuperFetch

メモリ搭載量の少ないパソコンでは、無効化すると動作が多少快適になる場合があります。

SysMainサービスを無効化する手順

①スタートメニューで「サービス」と検索

設定画面

②サービスを起動します

③サービス一覧の中から、SysMainを探します

サービスはアルファベット順に表示されます。

④SysMainを右クリックし、プロパティをクリックします

⑤「スタートアップの種類」を「無効」に設定します

⑥最後に「適用」をクリックし、パソコンを再起動します。

パソコンを買い換える

ハードディスクが正常にもかかわらず、「全て試しても全く変化なし」の場合は、パソコンの買い替えを検討された方が良いかもしれません。

パソコン購入時のOSがWindows7の場合

Windows7サポート終了

Windows7は2009年のバージョンですから、すでに10年程度動作していることになります。

性能的・機械的に寿命がきていますので、買い換えを強くおすすめします。

まとめ

設定をいくつか見直すだけでも、多少改善されるので試してみる価値はあると思います。

ぜひお試しください。