iPad Proユーザーが徹底解説します

iPad Proの画像

はじめに

フリーランスの私の仕事内容と、ビジネス・プライベートでの使用用途を簡単にお伝えします。

avatar
海野
フリーランスの私の仕事内容>
企業法人様のパソコン保守販売(メンテナンス)

個人のお客様のPC修理や販売サポート(全国対応)

iPad販売・画面共有サポート(全国対応)

出張カメラマン(静岡県内

ビジネスでのiPad活用

ビジネスにおいて

・Word、Excelファイルの簡単な編集
・外出先でのメール送信・返信
・写真撮影完了後、写真を取り込み お客様とその場で確認
・Apple Pencilを使ったお客様のサイン
・Apple PencilとOneNoteを使った打合せのメモ
契約を結んでいるお客様の事務所・施設内でネットワークトラブルが
 発生していないか、遠隔でチェック

など

Apple Pencilが大活躍しています。

プライベートでのiPad活用

プライベートにおいて

・Feedly RSSリーダーを使った情報収集
・YouTubeで動画視聴
・趣味の写真編集とSNS公開
・Good Notesを使った手書き日記
・Excelを使った家計簿
・各種SNS(Facebook・Twitter・Instagram)
・Medibang Paintを使った塗り絵
・Amazon Kindleで電子書籍閲覧
・Amazon Prime Videoでアニメ鑑賞
・音楽再生(iPad Proはスピーカーが良いため)
など

※Apple Pencilを使っています。
※Amazon Primeを契約しています。

パソコンが不要になる時代到来?

iPadは毎年、アップデート(内部更新)で機能が増えています。

特に、2019年9月配信の「iPadOS13」による進化はとても大きく、私の中では衝撃が走りました。

トラックパッドジェスチャーが使えます
iPadでトラックパッドジェスチャが使えます。

トラックパッドが、iPadの使い方を広げます。タッチ操作のために最適化されたiPadをもっと自由に使えるように、カーソルを特別に作り直しました。

https://www.apple.com/jp/ipados/ ”トラックパッドに対応”より

こうなると、操作性はパソコン並みです。

一部の方にとっては、パソコンが不要になる時代が到来しています!

この記事では、iPadでできること、そしてその便利さをご紹介します。

①iPadの良さと苦手分野

iPadの良さ① 低価格

低価格

パソコンと比較して、安価に購入できるのが第一のポイントです。

iPadの価格:3万円台から
【定価】
・iPad 10.2インチ:34,800円(税別)から
・iPad mini:45,800円(税別)から
・iPad Air:54,800円(税別)から
・iPad Pro 11インチ :84,800円(税別)から
・iPad Pro 12.9インチ :104,800円(税別)から

※Apple Pencilやキーボードは別売りです

iPad第7世代の画像

ただしiPad Proは、高性能な分パソコンに近い価格となります。

iPad Pro 11インチ Wi-Fi・128GB (2020)モデルは税別84,800円からです。

iPad Pro 12.9インチ Wi-Fi・128GB (2020)モデルは税別104,800円からです。

Windowsパソコンの価格

Windowsパソコンの価格:ピンキリなものの、iPadより確実に高価

比較的低価格なメーカーとして知られるDELLやHPなどの
海外大手メーカーのパソコンでも、快適に動作するパソコンは6~8万円の価格帯になります。
さらにOffice(Word・Excelなど)を追加すると、10万円前後に。

※国内メーカーのパソコンで快適に動作するものは確実に10万円~15万円しますので、価格に関してはiPadに軍配が上がります。

Windowsパソコンの画像
WindowsパソコンはiPadと比較して高め

iPadの良さ② 携帯性

携帯性もiPadの大きな強みです。

iPadの重量
  • iPad mini5 : 300グラム(最軽量)
  • iPad Air : 460グラム
  • iPad Pro 12.9 (2020): 641グラム(最大重量)
iPad Proはカバーやキーボードを携行すると1Kg近くになる場合があります。

Windowsパソコンの携帯性

Windowsパソコンの携帯性

・ビジネス用軽量ノートパソコン:900g~1.2Kg
・一般家庭向け15.6インチノートパソコン:2Kg以上
→ 2Kg以上となると、とても気軽に持ち運べません。

iPadの良さ③ 動きが安定している

iPadはなぜ動作が安定しているのか?

iPadは、Windowsパソコンに見られる下記のような不具合が発生しづらいです。

【理由】
・Appleが一社でソフトウェア・ハードウェアの両方を開発しており、管理が比較的行き届いているため
・内部に駆動部品がなく、衝撃の影響を受けづらいため

不具合が皆無というわけではありませんが、Windowsのノートパソコンと比較して安定しているのは事実です。

Windowsパソコンでよくあるトラブル
故障しているパソコンのイラスト
  • 頻繁に動きが固まる
  • 起動にやたら時間がかかる
  • 真っ黒な画面のまま起動しない
  • 再起動を繰り返す
  • エラーが出てソフトが起動しない
  • ウイルス感染
  • アップデートに失敗して起動しなくなる

iPadの良さ④ ウイルスの心配がほぼ不要

パソコンウイルスのイラスト
なぜウイルスの心配が要らないのか?

すごく簡単に説明すると、以下の2点が大きいです。

【理由】
・Appleが許可したアプリしかインストールできない
・システム内警備が強固

iPadを開発しているAppleはセキュリティ・プライバシーに対して厳しいメーカーです。

プライバシー – 機能

私たちは、全力であなたのデータを守ります。
プライバシーは、はじめから組み込まれています。私たちの製品や機能に内蔵されているのは、Appleやほかの誰かがアクセスできるあなたのデータの量を最小限にするために設計された、革新的なプライバシーのテクノロジーと技術。…

iPadはすべてのモデルに顔認証か指紋認証が搭載されています。
第三者が中のデータを覗き見ることはほぼ不可能です。

ここまでが、iPadとWindowsパソコンを比較したポイントになります。

【目次】

  • 【大きさ】
  • 【電子書籍】
  • 【インターネット閲覧】
  • 【写真鑑賞】
  • 【YouTube】
  • 【映画鑑賞】
  • 【マップ・地図】
  • 【カレンダー】
  • 【メール作成・閲覧】
  • 【Microsoft Office】
  • 【アプリ同時起動】
  • 【SDカード写真取り込み】
  • 【RAW画像編集】
  • 【Apple Pencil】
  • 【まとめ】

iPad Pro 12.9のサイズ感

iPad Pro 12.9インチモデルは大画面で、最もパソコンに近い使い方ができるiPadです。

性能、機能ともに最高水準なので、ご予算のある方にはオススメです。

iPad Pro 12.9の大きさ

12.9インチモデルのボディは、「A4サイズと同等」です。

どれくらいの大きさなのか、本を使って比較してみました。

iPad Proの大きさがわかる画像
単行本とのサイズ比較
iPad Proの大きさがわかる画像
縦向きだとるるぶよりやや大きめ

【電子書籍】

iPad Proで雑誌を開いた画像
KindleアプリでMac Fanの表紙を開いたときの表示
iPad Proで雑誌を開いたときの画像
雑誌見開き表示※著作権があるのでボカシを入れています

縦向きだと雑誌の原寸大表示同等、横向きでも新書見開きくらいのサイズで表示されるので、非常に快適に電子書籍の閲覧ができます。

【インターネット閲覧】(Safari)

非常に大きく表示され、見やすいです。

iPad ProでYahoo Japanを表示している画像