avatar
海野
ボリュームのある記事ですが、最後までお読みいただけると幸いです。
未来あるお子様の、才能開花にお役立てください。
目次

・2020年から、小学校段階からプログラミング教育が必修化
  -なぜプログラミング教育が行われるの?
  -日本の子供のパソコン使用率は発展途上国レベル
・家庭で準備できることは?
  -パソコン、もしくはiPadに触れる
   -選択肢① 子どもにパソコンを触れさせる
   -選択肢② 子どもにiPadを触れさせる
・プログラミング思考を養うには?
  -「Scratch」がオススメです
   -Scratchとは?
   -Scratchを学ぶのに適した教材

2020年から、小学校段階からプログラミング教育が必修化

なぜプログラミング教育が行われるの?

文部科学省「小学校プログラミング教育の手引き」から引用すると、以下が目的です。

 プログラミング教育は子供たちの可能性を広げることにもつながります。プログラミングの能力を開花させ、想像力を発揮して、起業する若者や特許を取得する子供も現れています。子供が秘めている可能性を発掘し、将来の社会で活躍できるきっかけとなることも期待できるのです。

コンピュータを理解し上手に活用していく力を身に付けることは、あらゆる活動においてコンピュータ等を活用することが求められるこれからの社会を生きていく子供たちにとって、将来どのような職業に就くにしても、極めて重要(略)

文部科学省「小学校プログラミング教育の手引き」より
小学校の早い段階でコンピュータに触れさせ、想像力を発揮する子供の能力開花を狙っています。

文部科学省「小学校プログラミング教育の手引き」のPDFファイルは、以下のURLからダウンロード可能です。

小学校プログラミング教育の手引:文部科学省

日本の子供のパソコン使用率は発展途上国レベル

OECD(経済協力開発機構)が実施した国際学力調査「PISA2018」の結果は、衝撃的です。

以下Newsweek様の記事がとても参考になりますので、引用させていただきます。

世界で唯一、日本の子どものパソコン使用率が低下している

経済協力開発機構(OECD)の国際学力調査「PISA2018」の結果によると、日本の生徒(15歳)の読解力は15位となっている。前回2009年の調査時の8位から大幅に低下したことで「PISAショック」と騒がれているが、その原因としてコンピュータ形式のテスト(CBT方式)に慣れていないことが指摘されている。 …

日本の生徒のパソコン使用率は低く、発展途上国以下であることが分かる。学校での使用率は最下位だ(縦軸)。教育のICT(情報通信技術)化が著しく遅れている。

2009年時点で使用率が低かった国では大幅に上昇している。中国のマカオでは19%から71%へと激増した。韓国も23%から63%に大きく増えている。しかし日本だけは下がっていて、2009年には韓国や中国、発展途上国より高かったが、2018年では最下位に転落している。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/01/post-92085_1.php より
中国や韓国の子供は積極的にパソコンを使用しているのに対して、日本は逆の状態となっています。
「若者のパソコン離れ」が進んでいます。
しかも、その度合いは発展途上国以下です。
若者のパソコン離れ
パソコンなんて、触りません!

家庭で準備できることは?

クエスチョンの人物アイコン

パソコン、もしくはiPadに触れる

avatar
海野
「まずは文字入力」から。

※iPadでも、パソコン配列(QWERTY)のキーボード入力ができます。

まずは、お子さんがスムーズに文字入力できるようサポートしてあげましょう。

いきなりC言語やJava、Pythonといったプログラミング言語を学ぶのは、個人的にオススメできません。
小学生の段階では、理解が難しくやる気がなくなってしまう可能性があります。
プログラミング的思考を養った中学生・高校生は理解が比較的早い傾向にあります。

代わりに「Scratch」というプログラミング的思考を養うサービスがオススメです。(後述)

事前に家庭で学習すれば、子どもが余裕をもって授業に臨めます。
授業に対してのモチベーションが上がり、復習にも役立ちます。

プログラミング才能開花に役立つ可能性が出てきます。

余談
ここ数年はAIブームが再来し、機械学習(ディープラーニング)を扱えるエンジニアの需要が非常に高まっています。
※一般的なエンジニアと比較して、需要とともに給与も高いです。

「Python」という言語が特に人気で、
・構文がシンプルで、学びやすい
・機械学習に適している
といった特長があります。
Pythonの画像
Pythonのロゴ

選択肢① 子どもにパソコンを触れさせる

Windows10のノートパソコン
ノートパソコンを使う女の子の画像
Windowsパソコンに触れることのメリット

・プログラミング思考を養う「Scratch」が使える ※後述
・キーボードの文字入力に慣れる
・Windowsの操作に慣れる
・中学生や高校生であれば、WordやExcelを学習することも可能

まとめると、以下の通りです

Windows操作

子どものうちにWindowsに触れておけば、社会人になってから即戦力となります。

文字入力

iPadと比較して、キーボードの文字入力に早く慣れることができます。

Word・Excel

プログラミング学習以外にも、WordやExcel、PowerPointを本格的に学ぶことができます。

本格的なプログラミング学習

iPadと比較して圧倒的にプログラミング学習環境が整っており、将来的により深く学ぶことができます。

ノートパソコンと教材のセット販売中! ご注文受付中です。
詳しくは記事最終段落へ

選択肢② 子どもにiPadを触れさせる

iPadの画像
iPadを使う子供の画像
iPadに触れることのメリット

・プログラミング思考を養う「Scratch」が使える ※後述
・キーボードの文字入力に慣れることができる
  ※iPadにもパソコン配列のキーボードが表示されます
・学習に向いた豊富なアプリが揃っている
  ※「Swift Playground」という、プログラミング学習に役立つAppleのアプリが使えるのもポイントです。
・ノートパソコンと比較して持ち運びがしやすく、外出先でも使える
・保護者による機能制限が容易

まとめると、以下の通りです

豊富なアプリ

学習用のアプリも、娯楽のゲームも。
豊富なアプリが揃っており、プログラミング学習以外にも活用できます

文字入力

iPadでもパソコンと同じ配列のキーボードが使えます。

外でも使える!

ノートパソコンと比較して軽量なので、気軽に外へ持ち運びできます。

保護者による管理が簡単

アダルトコンテンツの制限や、課金の制限、使用時間の制限を簡単に設定できます

プログラミングに適したiPad紹介

iPad Air 2019と教材のセット販売中! ご注文受付中です。
詳しくは記事最終段落へ

プログラミング的思考を養うには?

では、プログラミング的思考を養うにはどうすれば良いのでしょうか?

「Scratch」がオススメです

scratchのロゴ

Scratchとは?

Scratchとは?

Scratchとは、アメリカのマサチューセッツ工科大学が開発したプログラミング言語学習環境です。
子どもや初心者でも簡単に学べるよう、イラストやキャラクターを操作して楽しくプログラミング的思考を学ぶことができます。

Scratch – About

Scratch is a free programming language and online community where you can create your own interactive stories, games, and animations.

Scratchを使えば、自由にインタラクティブストーリーやゲーム、アニメーションを作ることができます。さらに、できあがった作品はオンラインコミュニティで他の人と共有できます。

https://scratch.mit.edu/about より

パソコンでも、iPadでも学習が可能で日本語にも対応しています。

Scratchの学習画面は以下のような感じ。
パッと見て、「簡単そう」と感じる方がほとんどではないでしょうか?
Scratchの画面
Scratchの画面

プログラムは、規則に沿った英語が長々と記述されており 学ぶのが大変なイメージですが、いきなり英文記述から学ぶ必要はないのです。

Scratchを学ぶのに適した教材紹介

私は個人的に以下の教材をオススメしています。

ゆび1本ではじめるScratch 3.0かんたんプログラミング[超入門編]

ゆび1本ではじめるScratch 3.0かんたんプログラミング[超入門編]

説明が非常に分かりやすく、親子で一緒に学習するには最適です。