surface pro7の画像

Microsoftのスペシャルイベントで、Surface Pro7を始めとした新製品が数多く発表されました。

ワクワクが止まらない内容でしたね!

最近はAppleもMicrosoftも盛り上がっています。

この記事では、Surface Pro7の進化点についてまとめていきます。

【目次】

  • ポイント
  • Surface Pro7とPro6のスペック比較
  • 比較して見えること
  • 処理速度はどれくらい向上した?
  • まとめ

ポイント

  • USB-Cを搭載
  • Intel 第10世代Coreプロセッサ搭載
  • マイク強化

Surface Pro7とPro6のスペック比較

Surface Pro7Surface Pro6備考
OSWindows10 ProWindows10 Home
ディスプレイ12.3インチ PixelSense
2,736×1,824(267ppi)
12.3インチPixelSense
2,736×1,824(267ppi)
メモリLPDDR4x 4GB/8GB/16GB8GB / 16GB
プロセッサ・Core i3 1005G1-デュアルコア
・Core i5 1035G4-クアッドコア
・Core i7 1065G7-クアッドコア
・Core i5 8250U
・Core i7 8650U
ストレージSSD 128GB / 256GB / 512GB / 1TBSSD 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
バッテリー通常の使用時間:最大10.5時間動画再生最大13.5時間
グラフィックIntel UHDグラフィック(i3)
Intel Iris Plusグラフィック640(i7)
Intel UHDグラフィック620(i5)
Intel Iris UHDグラフィック620(i7)
USB端子USB-C×1
USB-A×1
USB-A×1
カメラフロント:5.0MP
リア:8.0MP
フロント:5.0MP
リア:8.0MP
重量775グラム~790グラム770グラム~784グラム

比較して見えること

・Windows10 HomeからProにアップグレードされた

・Core i3(メモリ4GB)モデルが追加された

・重量はほぼ同じ

・バッテリー持続時間は若干減った?

・Pro7の方はUSB-A、USB-C2種類搭載

結論:USB-C搭載以外、大胆な変化はなしの正統進化

処理速度はどれくらい向上した?

それぞれのCPUのベンチマークスコアを調査しグラフにして比較してみました。

緑:Surface Pro7

オレンジ:Surface Pro6

SurfaceシリーズCPU性能比較グラフ画像
データ参照元: https://www.passmark.com/

Pro7のCore i3が最下位ですが、個人的には十分な性能に感じます。

スコアだけ見ると、「第6世代のデスクトップCore i5」くらいの性能です。

Officeやメール、チャットやビデオ通話などの一般的な作業はCore i3のモデルでも十分こなせそうです。

Photoshopやillustratorも、極端に重いデータでなければ問題ありません。

私自身Core i3 4100M(1005G1の60%のスコア)のノートパソコンを使用していますが、上記の作業はこなせています。

一方で、Pro7のCore i7が飛躍的な性能向上を果たしています。

スコアは驚異の10,000オーバー。デスクトップ並みです。

高画素なRAWデータ現像やエンコード、仮想マシンを動かしたりヘビーな作業も任せられそうです。

結論:CPU性能はCore i3でも多くの作業快適
Core i7は大幅に性能向上し、高負荷な処理も可能

まとめ

大胆な変化はありませんでした。

  • USB-C搭載
  • Intel 第10世代Coreプロセッサ搭載
  • Core i3モデル追加
  • Wi-Fi 6対応
  • Core i7のパフォーマンス大きく向上

正統進化です。

一見安くなったように感じますが、ガシガシ文字入力するにはTypeカバー(18,000円)を購入する必要があるので、結局13万円~になります。

※もっと安いBluetoothキーボードとマウスを使うという手もありますが。

正統進化したものの、ノートパソコンとして使うにはコスパはイマイチ

だと感じました。

参考になれば幸いです。